佐々木朗希投手・2試合連続完全試合ならずでも史上初最長記録継続中!

2022年4月18日千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手が、2試合連続完全試合を達成目前でしたが監督の采配により8回まで投げて投手交代となり話題になっています!

2試合連続完全試合ならずでも史上初最長記録継続中の内容は?
その他にも数々の記録を更新しています!

佐々木朗希投手の2試合連続完全試合にならなかった経緯や、史上初最長記録継続中について紹介させていただきます☆

佐々木朗希投手・2試合連続完全試合にならなかった経緯

佐々木朗希投手は、2022年4月10日ZOZOマリンスタジアムでの対オリックス・バファローズ3回戦で

完全試合を達成したことで話題沸騰ですね!

完全試合は1994年の巨人・槙原寛己投手が達成して以来28年ぶりの快挙となりました。

そして、完全試合を達成した次に登板した

2022年4月17日に対北海道日本ハムファイターズとの試合でも、完全試合を達成する勢いでした!

というのも、佐々木朗希投手はこの試合の8回まで無安打のパーフェクトでしたが、

千葉ロッテマリーンズ井口監督の采配により、残りの9回表には登板せず投手交代となっています。

もしも、2試合連続完全試合を達成したら史上初の快挙となり歴史的な試合となったでしょう。

井口監督の采配に関しては、賛否両論ありますが佐々木朗希投手のコンディションや今後のローテンションを加味したとのです。

佐々木朗希投手の史上初最長記録継続中について

2試合連続完全試合を達成ならずでしたが、佐々木朗希投手は史上初の最長記録継続中です!!

佐々木朗希投手の史上初の最長記録をご紹介します!

佐々木朗希投手は、2022年4月10日に対オリックス・バファローズ戦で完全試合を達成していますのでこの試合で連続アウトが27者です。

続けて次に登板した2022年4月17日に対北海道日本ハムファイターズ戦で8回までパーフェクト試合を達成していますのでこの時点で、8回×3者=24者をプラスすると51者連続アウトを記録しています。

実はそれだけだはなく、完全試合の前に登板した2022年4月3日の対埼玉西武ライオンズ戦の8回裏2アウト以降に1者アウトを獲得し、9回裏は勝利が確定していため登板していません。

なので2022年4月3日対埼玉西武ライオンズ戦の8回裏のアウトから数えると、なんと52者連続アウトを記録していることになります!!

  • 2022年4月3日対埼玉西武ライオンズ戦スコア表

2022年4月3日対埼玉西武ライオンズ戦

  • 2022年4月10日に対オリックス・バファローズ戦

2022年4月10日に対オリックス・バファローズ戦

  • 2022年4月17日に対北海道日本ハムファイターズ戦

2022年4月17日に対北海道日本ハムファイターズ戦

この佐々木朗希投手の52者連続アウト記録は、史上初最長記録の快挙で現在(2022年4月18日)も記録継続中です!!

次の佐々木朗希投手登板でも記録が伸びる可能性が充分にあり得ます。

2022年4月24日追記

2022年4月24日オリックス対ロッテ戦で、先発として登板した佐々木朗希投手は

初回1回裏オリックスの先頭打者の福田周平外野手に初球の159キロ直球を右前に運ばれたヒットを打たれました。

連続アウト記録は、52者でストップとなりましたが史上最長です!

この史上初最長52者連続アウト記録はメジャーリーグのユスメイロ・ペティット投手が2014年に達成した46者連続が最長記録でしたが6者も上回り佐々木朗希投手が史上初の最長となっています☆

イニング数でも2022年4月10日の完全試合から2022年4月17日までで17インニング連続無安打で、史上最長記録で現在も継続中です!!

2022年4月24日追記

2022年4月24日オリックス対ロッテ戦で、先発として登板した佐々木朗希投手は

初回1回裏オリックスの先頭打者の福田周平外野手に初球の159キロ直球を右前に運ばれたヒットを打たれました。

連続無安打は、17インニングでストップとなりましたが史上最長です!

佐々木朗希投手の記録は他にもあります。

佐々木朗希投手の記録
  • 52者連続アウト史上初最長記録 継続中
  • 17イニング連続無安打 史上最長記録 継続中
  • 完全試合 史上16人目/史上最年少/通算14試合目での達成で史上最速/毎回奪三振史上初
  • 初完投試合が完全試合 史上初
  • 13者連続奪三振 日本記録
  • 8者連続空振り三振 日本記録
  • 1試合19奪三振 日本タイ記録
  • 36イニング連続奪三振 日本人最長記録(2021年10月14日2回裏〜2022年4月17日2回表まで)
  • シーズン25イニング連続奪三振(2022年3月27日1回表〜2022年4月17日2回表まで) 日本人最長タイ記録 シーズン初登板初回からに限ると史上最長
  • 4試合連続二桁奪三振 (2022年3月27日10奪三振から継続中 史上12人目 シーズン初登板からに限ると史上3人目

 

Wikipediaより引用

完全試合だけでも素晴らしい業績ですが、プロ3年目20歳での佐々木朗希投手の数々の記録自体が史上初ですよね!

まとめ

佐々木朗希投手・2試合連続完全試合ならずでも史上初最長記録継続中!のまとめ

佐々木朗希投手・2試合連続完全試合にならなかった経緯

2022年4月10日ZOZOマリンスタジアムでの対オリックス・バファローズ3回戦で完全試合を達成しています。

次に登板した2022年4月17日に対北海道日本ハムファイターズとの試合でも、完全試合を達成する勢いでした!

佐々木朗希投手はこの試合の8回まで無安打のパーフェクトでしたが、

千葉ロッテマリーンズ井口監督の采配により、残りの9回表には登板せず投手交代となっています。

佐々木朗希投手の史上初最長記録更新中について

この佐々木朗希投手の52者連続アウト記録は、史上初最長記録の快挙で現在(2022年4月18日)も記録継続中です!!

17インニング連続無安打で、史上最長記録で現在も継続中です!!

他にも佐々木朗希投手の記録は数々あります。

暗い話題が多い世の中ですが、佐々木朗希投手が野球を通して明るい話題を届けてくれています☆
これからの活躍と、記録更新も楽しみです^^

最後までお読みいただきまして、ありがとうございましたm(_ _)m